生活習慣と育毛

 

アルコールと育毛

抜け毛が多くなってきたと思ったら、育毛をお考えになられてはどうでしょうか。

手始めに抜け毛の原因から、改善をはかってください。
食べ物、不足がちな睡眠、不適切なヘアケア、精神的なストレス、煙草やアルコールなど、様々な原因で抜け毛が進行し、健康な髪が生えにくくなります。

薄くなりだした頭髪が気になっているのなら、お酒を飲むのはできるならやめたほうがいいです。酒は人間にとって良くないものなので飲酒後には肝臓で違う物質に分解処理されるのですが、それと同時に、髪に与えるための大事な栄養が失われてしまいます。元々は髪に使われる予定の栄養素が無くなり、届けられなくなってしまうと、髪の成長を妨げ、抜け毛が増えてしまうのです。

抜け毛がお悩みという人たちにとって、青魚のいわしは味方になってくれる食材です。イワシには髪の毛の成長を促す栄養素が多く含まれていることから、積極的に食卓に載せてほしい食材の一つです。アルコール類を飲む時は特にアルコール分解に必要とされる亜鉛を供給するためにも、おつまみとしてイワシを食べるのをお勧めします。
お刺身や缶詰なら手間がかかりませんね。

ただ、それほどひどい状態でなかったり、薄毛を予防する目的ならばおうちで手軽に育毛ケアをしてみてはいかがでしょうか?これといって育毛ケアの製品を揃えなくても、アルコールやタバコは控えめにしたり、食事では髪に良い食品を積極的に摂ったり、ウォーキングや入浴で全身の血行不良を改善させるなど、普段の生活の中から髪に良い行動を増やしていくと良いでしょう。

育毛には適切な栄養の摂取も必要です。

中でもたんぱく質、亜鉛、ビタミンB群の3種類が、育毛治療の効果を促進する栄養素だと言えます。例えば、たんぱく質はアミノ酸の結合体であり、このアミノ酸が、ケラチンという毛髪の主成分を構成するために必要になるのです。

なお、このケラチンが作りだされるためには、亜鉛が必要になります。ビタミンB群は、髪の毛を発毛し成長させる毛母細胞を活性化するために必要な栄養素です。たんぱく質ならば、豆腐や納豆などの大豆製品に、亜鉛は牡蠣に多く含まれ、ビタミンB群は緑黄色野菜やレバーなどが含有率の高い食品になっています。
本気で育毛治療をするのであれば医師の診断を受けるのが最適です。

インターネット上には口コミサイトと呼ばれる育毛商品のレビューやクリニックの体験談などがまとめられたものが複数見付かると思います。こうした口コミは利用を検討する際の参考になりますが、それぞれの症状の進行具合や体質で育毛治療の内容も予算も変わってしまうことを念頭に置いてください。ですから、口コミをそのまま信じるのではなくグッズが自分に合うかを試すことや、クリニックが開いている無料カウンセリングに申し込むのが確実な方法だと言えるでしょう。