自由診療と育毛

 

AGA治療

M字ハゲ症状は、男性ホルモンに原因があり、気づいたらすぐの治療が必須とされます。

一般的にM字ハゲという症状は、専門的な言い方としてはAGAという男性型脱毛症のことなのです。男性ホルモンが作用することによって薄毛になっていくというとても遺伝的な要素が強い脱毛症です。現在、AGAに関していえば、原因はちゃんと解明されているので、AGA治療専門の病院を受診したら、しっかりと効果のある治療を受けることが出来るので、安心です。

AGAといわれる男性型脱毛症の治療にはいろんな方法があるのです。まず、飲んで効果を出すプロペシアという薬は男性型脱毛症の治療にとても有効です。

その他にも、外用薬としては、フロジンやミノキシジルといった薬をよくクリニックでは処方しその中でも、育毛効果と表示されているものには、口から摂取するものと、頭皮に直接塗るものがありますが、副作用があると知っておくべきです。安いという理由で、医師の処方は必要ないと勝手に思い込み、個人輸入を利用すると、悪徳なサイトを選んでしまう場合もあなたの身に起きてしまう場合もあります。

例えば、プロピレングリコールは男性の薄毛症状に効果的なミノキシジルを調合する際に使用される成分です。このプロピレングリコールが副作用を起こして、頭皮にかゆみが起きる恐れがあるため、気を付けておくべきです。

AGA治療健康保険の適用外で自由診療

薄毛がAGAによるものであれば科学的根拠にもとづいた処置をしないと毛が生えてきません。しかし、現在、AGAは健康保険の適用外で自由診療である以上治療にかかる費用はクリニックごとに異なります。一般的な治療を想定した場合、月に1万円から2万5千円が相場とされており、金額には大きな差がみられます。
それから、治療内容のボリュームによって費用の総額は変わってきます。

他には、注射器などでメソセラピーという発毛に有効な成分を頭皮に直接注入する方法もとられています。それだけでなく、HARG療法や自毛植毛など、予算に応じて選べます。

当人にしてみれば重大なことなのですが、今の制度ではAGA治療は保険対象外となっているのです。確かに、薄毛であっても命に別状はないのですが、精神的にずいぶん大きな負担を感じてしまうものです。できれば、精神的な影響もしっかりと考慮して保険に適用してもらえたら喜ぶ方も多くなることでしょう。

いずれ変わる可能性はあるものの、現在は厚生労働省が規定するルールに即し、発毛、育毛の治療には健康保険が適用されず、治療費は全額自己負担です。ある程度まとまった期間がなければ育毛治療はできませんし、クリニックでの治療にはそれなりのコストを覚悟しなければなりません。ただ、一旦は支払わなければならないものの、確定申告が年に一度行われる際、医療費控除を申請すれば還付金を受け取れる場合があります。