投稿者「black」のアーカイブ

亜鉛と育毛

 

育毛には適切な栄養の摂取も必要です。

亜鉛

髪を育てていくために、必ず必要とされる栄養素に亜鉛がありますが、その摂取量は、15ミリグラムが一日の適量となります。

栄養素の中でも亜鉛は、吸収効率が悪い側面があるので、50ミリグラムの摂取を毎日行っている方も存在するようです。しかしながら、いっぺんに多くの亜鉛を体内に摂り入れるとなると頭痛といった副作用が出るおそれもありますので、お腹が空っぽの状態で摂り入れることは止め時間を分けて、摂り入れましょう。

より健康的な髪の毛を作りたいのであれば食事の中で亜鉛を取るようにしてください。髪の毛の99%はタンパク質でできていますが、亜鉛はこのタンパク質と髪の毛を繋げる作用があります。それに、DHTという薄毛に影響を与えるホルモンを抑制する効果があることが分かっていますから、育毛と薄毛の両方に重要な栄養素だと言えます。

亜鉛を多く摂取できる食品はというと、牛肉全般や牡蠣、豚のレバーなどがありますから、毎日の食事に取り入れると良いでしょう。

白ゴマ、黒ゴマ、金ゴマ

 

ゴマには豊富な栄養があり、ビタミンや亜鉛はもちろん、たんぱく質を含めた育毛に必要不可欠な栄養素をすべてカバーできます。

一般的にゴマには白ゴマ、黒ゴマ、金ゴマがありますが、黒ゴマは表皮にリグナンというホルモンバランスを調節する成分が含まれているので、さらに効果的です。
ですが、栄養と同時に脂質も多く含んでいるものなので、過剰摂取の結果、身体に悪影響を及ぼす危険もあります。たくさん食べれば髪が生えてくるというものではありませんから、適量の摂取を心掛けてください。

最近の人は忙しいので、食事から改善していくのは難しいので、このサプリメントを使う事によって、育毛の対策になるでしょう。ヘア用サプリメンとはビタミンを中心とした髪の毛に必要とされる成分を補助的に摂取できます。

生活習慣と育毛

 

アルコールと育毛

抜け毛が多くなってきたと思ったら、育毛をお考えになられてはどうでしょうか。

手始めに抜け毛の原因から、改善をはかってください。
食べ物、不足がちな睡眠、不適切なヘアケア、精神的なストレス、煙草やアルコールなど、様々な原因で抜け毛が進行し、健康な髪が生えにくくなります。

薄くなりだした頭髪が気になっているのなら、お酒を飲むのはできるならやめたほうがいいです。酒は人間にとって良くないものなので飲酒後には肝臓で違う物質に分解処理されるのですが、それと同時に、髪に与えるための大事な栄養が失われてしまいます。元々は髪に使われる予定の栄養素が無くなり、届けられなくなってしまうと、髪の成長を妨げ、抜け毛が増えてしまうのです。

抜け毛がお悩みという人たちにとって、青魚のいわしは味方になってくれる食材です。イワシには髪の毛の成長を促す栄養素が多く含まれていることから、積極的に食卓に載せてほしい食材の一つです。アルコール類を飲む時は特にアルコール分解に必要とされる亜鉛を供給するためにも、おつまみとしてイワシを食べるのをお勧めします。
お刺身や缶詰なら手間がかかりませんね。

ただ、それほどひどい状態でなかったり、薄毛を予防する目的ならばおうちで手軽に育毛ケアをしてみてはいかがでしょうか?これといって育毛ケアの製品を揃えなくても、アルコールやタバコは控えめにしたり、食事では髪に良い食品を積極的に摂ったり、ウォーキングや入浴で全身の血行不良を改善させるなど、普段の生活の中から髪に良い行動を増やしていくと良いでしょう。

育毛には適切な栄養の摂取も必要です。

中でもたんぱく質、亜鉛、ビタミンB群の3種類が、育毛治療の効果を促進する栄養素だと言えます。例えば、たんぱく質はアミノ酸の結合体であり、このアミノ酸が、ケラチンという毛髪の主成分を構成するために必要になるのです。

なお、このケラチンが作りだされるためには、亜鉛が必要になります。ビタミンB群は、髪の毛を発毛し成長させる毛母細胞を活性化するために必要な栄養素です。たんぱく質ならば、豆腐や納豆などの大豆製品に、亜鉛は牡蠣に多く含まれ、ビタミンB群は緑黄色野菜やレバーなどが含有率の高い食品になっています。
本気で育毛治療をするのであれば医師の診断を受けるのが最適です。

インターネット上には口コミサイトと呼ばれる育毛商品のレビューやクリニックの体験談などがまとめられたものが複数見付かると思います。こうした口コミは利用を検討する際の参考になりますが、それぞれの症状の進行具合や体質で育毛治療の内容も予算も変わってしまうことを念頭に置いてください。ですから、口コミをそのまま信じるのではなくグッズが自分に合うかを試すことや、クリニックが開いている無料カウンセリングに申し込むのが確実な方法だと言えるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

自由診療と育毛

 

AGA治療

M字ハゲ症状は、男性ホルモンに原因があり、気づいたらすぐの治療が必須とされます。

一般的にM字ハゲという症状は、専門的な言い方としてはAGAという男性型脱毛症のことなのです。男性ホルモンが作用することによって薄毛になっていくというとても遺伝的な要素が強い脱毛症です。現在、AGAに関していえば、原因はちゃんと解明されているので、AGA治療専門の病院を受診したら、しっかりと効果のある治療を受けることが出来るので、安心です。

AGAといわれる男性型脱毛症の治療にはいろんな方法があるのです。まず、飲んで効果を出すプロペシアという薬は男性型脱毛症の治療にとても有効です。

その他にも、外用薬としては、フロジンやミノキシジルといった薬をよくクリニックでは処方しその中でも、育毛効果と表示されているものには、口から摂取するものと、頭皮に直接塗るものがありますが、副作用があると知っておくべきです。安いという理由で、医師の処方は必要ないと勝手に思い込み、個人輸入を利用すると、悪徳なサイトを選んでしまう場合もあなたの身に起きてしまう場合もあります。

例えば、プロピレングリコールは男性の薄毛症状に効果的なミノキシジルを調合する際に使用される成分です。このプロピレングリコールが副作用を起こして、頭皮にかゆみが起きる恐れがあるため、気を付けておくべきです。

AGA治療健康保険の適用外で自由診療

薄毛がAGAによるものであれば科学的根拠にもとづいた処置をしないと毛が生えてきません。しかし、現在、AGAは健康保険の適用外で自由診療である以上治療にかかる費用はクリニックごとに異なります。一般的な治療を想定した場合、月に1万円から2万5千円が相場とされており、金額には大きな差がみられます。
それから、治療内容のボリュームによって費用の総額は変わってきます。

他には、注射器などでメソセラピーという発毛に有効な成分を頭皮に直接注入する方法もとられています。それだけでなく、HARG療法や自毛植毛など、予算に応じて選べます。

当人にしてみれば重大なことなのですが、今の制度ではAGA治療は保険対象外となっているのです。確かに、薄毛であっても命に別状はないのですが、精神的にずいぶん大きな負担を感じてしまうものです。できれば、精神的な影響もしっかりと考慮して保険に適用してもらえたら喜ぶ方も多くなることでしょう。

いずれ変わる可能性はあるものの、現在は厚生労働省が規定するルールに即し、発毛、育毛の治療には健康保険が適用されず、治療費は全額自己負担です。ある程度まとまった期間がなければ育毛治療はできませんし、クリニックでの治療にはそれなりのコストを覚悟しなければなりません。ただ、一旦は支払わなければならないものの、確定申告が年に一度行われる際、医療費控除を申請すれば還付金を受け取れる場合があります。